スポンサードリンク

探偵による浮気調査の流れ

浮気調査

 

探偵による妻の浮気調査は、どのような流れとなっているのでしょうか?

 

探偵と契約を実施し、その後探偵が調査を開始。証拠を掴んで報告、という大まかな流れは知っていると思います。

 

しかし実際には契約するまでにも細かなやり取りや手続きがあり、調査に関しても段階を踏んでいくことになるわけです。

 

探偵に浮気調査を依頼するのは、一生に1回あるかないかです。浮気調査の流れを知らなくても仕方ありません。だからといって何も知らないまま、探偵の言うがままに調査をするのは避けましょう。

 

こちらでは探偵が妻の浮気調査を実施するにあたり、どのような手順を踏んでいくのか、ということをお話します。相談や契約さらに調査などといった段階を踏んで、一つずつ解説していきます。

 

業者の決定について

 

妻の浮気を疑う

 

妻の浮気調査を探偵に依頼するとなると、最初に妻の浮気の兆候をつかむ、ということから始まると思います。何の確信もなく、お金のかかる探偵を依頼しないはずです。

 

妻の浮気の兆候については、様々なことが考えられると思います。帰りが遅くなったり外出が多くなったり、服装の趣味が変わった、というものもあると思います。

 

前述したような兆候ですが、まだ確信には至らないでしょう。もう少し確実な浮気の兆候のようなものを掴んでから調査を実施すべきです。

 

たとえばLINEやメールのやり取りで、浮気を匂わせるような文言があったのを確認する、というようなものです。

 

妻の浮気の兆候の記事はこちら>>

 

探偵事務所を探す

 

妻の浮気調査を探偵事務所に依頼するわけですが、数がたくさんあるので一苦労です。調査能力が低い業者、費用が相場よりも明らかに高い業者も紛れ込んでいます。

 

適切な業者を探す方法としては、インターネットの検索機能を利用する、というものがあります。幾つかの探偵事務所を把握し、それらの公式ホームページを確認してみましょう。

 

料金表や事務所の住所などが明確に示されている業者は、比較的信頼できる業者です。一方で料金も明確にされておらず住所も明らかにされてない、という業者は問題があるので選ばないでください。

 

信頼できる探偵事務所についての記事はこちら>>

 

探偵事務所選びの方法として、一括見積もりサイトやマッチングサイトを利用する、という手もあります。

 

一括見積もりサイトを利用するメリットは、複数の探偵に対して費用を出してもえ、少しでも安い業者を見つけ出せるという点にあります。見積もりサイトに登録されている業者は一定の審査を経た上で掲載されているので信頼できるため、安心して利用することが可能です。

 

 

マッチングサイトは見積もりはできませんが、あなたの条件にあったものを選んでもらうことができます。しかも、マッチングサイトに掲載されるまでの審査の基準が厳しいので、厳選された探偵事務所の中から選んでもらえます。悪徳探偵事務所などのハズレを選ぶことはないということです。

 

業者との接触|相談から契約まで

無料相談を利用する

 

めぼしい探偵事務所をいくつか見つけられたら、今度は接触を図ります。いきなり契約するのではなく、まずは話を聞きましょう。

 

各探偵事務所では無料相談を実施しています。

 

無料相談の方法は様々あり、直接会って行う対面相談や電話を利用した相談などがあります。自分の利用しやすいものを選択してください。

 

無料相談では、調査の流れや費用についての説明を受けることになります。また「どのような浮気の兆候があるのか」ということも聞かれるので、順序立てて説明できるようにしておくべきです。

 

無料相談については探偵事務所一つだけではなく、複数行うのがおすすめです。複数の無料相談を利用すると、対応が良いところと悪いところの違いが見えてきます。

 

探偵事務所の無料相談の詳細についてはこちら>>

 

契約の実施

 

対面相談以外では、再度日程を調節して実際にスタッフと会って契約することになります。一方で対面相談を受けた場合には、相談後に契約の交渉に入ります。

 

契約に関しては、必ずしも結ばなければならないものではありません。無料相談の内容に納得しなければ結ばないで帰ってもよいのです。

 

調査の内容や調査費用に納得できた場合のみ、契約を結びましょう。

 

契約書を取り交わすことになります。浮気調査をする際には契約書類を作成することが義務付けられています。

 

契約書類について

 

契約書には2つの種類がある、ということも理解しておきましょう。

 

  • 浮気調査の契約時に作成する契約書
  • 浮気調査報告時に作成する契約書

 

浮気調査の契約時に作成する契約書は、幾つかの項目があります。大きく分けると重要事項説明書・お見積書・調査利用目的確認書・調査契約書・契約条項の4項目となっています。

 

特に重要になってくるのがお見積書です。調査を実施したらいくら掛かるのか、ということが明記されているはずです。そこに必ず総額料金が記載されているか確かめてください。

 

総額料金には調査料金以外に調査時に発生する概算諸経費も含まれています。見積書を超える費用が発生しないかを確認するのです。

 

浮気調査報告時に作成する契約書については後ほど解説します。契約書に問題がなければサインをします。

 

料金を支払う

 

契約書に記されている金額を支払うことになるわけですが、浮気調査に関しては追加料金が発生する可能性もあり全額一度に支払うシステムにはなっていないことが多いです。

 

多くの探偵事務所で採用しているのが、最初に着手金を請求する、というものです。調査終了後に残額を請求されます。

 

ただし個人経営の探偵事務所の場合には、全額前払いのみに対応しているところもあるので注意が必要です。また大手の探偵事務所の中には全額後払いに対応しているところもあります。全額後払いであれば、契約をする時に調査料金を支払う必要はありません。

 

HAL探偵社は後払いできる探偵事務所

成功報酬なんで依頼に関する情報がとれない場合は0円。探偵は前払いが多いなか、こちらは完全後払い・初期費用0円なのは良心的。

浮気調査

 

『HAL(ハル)探偵社』公式サイトへ

 

調査料金の支払い方法は、現金またはクレジットカードに対応していることが多いです。一括で支払うのが難しい、というケースにはクレジットカード払いを選択しましょう。

 

浮気調査の費用相場についてはこちら>>

探偵事務所による浮気調査の実施

 

浮気調査前の準備

 

浮気調査は毎日継続して調査を実施してしまうと、費用が高額化してしまうので、調査費を絞らなければなりません。そこで調査に入る前に、依頼者に対して妻の浮気が実施されるめぼしい日程や場所などの聞き取りが実施されます。

 

  • 毎週何曜日に浮気をする確率が高いのか?
  • 浮気が行われている時間帯は?
  • 浮気が行われている場所は?
  • 浮気相手の情報は持っているのか?

 

上記のような情報を探偵事務所側は求めてきます。もちろんすべての情報は提供できないと思うので、知っている範囲内のものだけで構いません。

 

より多くの情報を探偵事務所側に伝えられた場合には、調査する日程をピンポイントで指定できます。調査日が結果的には少なくなるので、費用を抑えることにもつながってくるわけです。

 

事前調査としてGPSを使うという選択もあり>>

 

調査の第一段階|張り込み

 

奥さんの調査を開始するわけですが、まずは次の段階の尾行をするに当たり張り込みから開始することになります。張り込み場所については、いくつか考えられます。

 

  • 自宅・・・奥さんが専業主婦であるケース
  • 奥さんの職場・・・奥さんが働いているケース
  • 特定の建物や地域

 

張り込みに関しては、調査員が普通に立って張り込みをしているケースや車の中で張り込みをしているケース、また喫茶店など特定の場所がよく見える施設内から実施することもあります。

 

調査開始時の張り込みについては、時間的に5分程度で終わることもあります。調査対象者が現れたらすぐに尾行に切り替えるからです。一方で調査対象者がなかなか現れない場合は、3時間や4時間も張り込みを続けることがあります。

 

張り込み時も基本的に調査員は複数人数体制となります。トイレなどで離れた好きに調査対象者が現れるかもしれないからです。基本的には二人の交代制で張り込みを実施します。

 

張り込み時間が長くなれば、結果的に調査時間が伸びてしまい費用が高額化する恐れもあります。さらに、調査員が張り込みをしていても空振りに終わることはあります。その場合はその日は収穫なし、ということになります。

 

総合探偵社MRは長期割引がある探偵事務所

調査結果がつかめない場合は、成功報酬はかからないシステムがあります。しかも長期割引もあり、見積もりを超える請求はなく安心して依頼できます。

浮気調査

 

『総合探偵社MR』公式サイトへ

 

調査の第二段階|尾行

 

調査対象者が現れたら尾行を開始します。探偵の仕事の中で最も重要になってくるとされているのが尾行です。うまく尾行しなければ奥さんに調査を勘づかれてしまうかもしれません。

 

尾行についてはいくつかのアイテムを使用することがあります。

 

  • 自動車
  • バイク
  • 自転車

 

調査対象者がどのような移動手段を使うかを前もって探偵に伝えておくことで、事前に探偵事務所側は自動車やバイクを用意することになります。

 

尾行については調査員のスキルの差がモロに出ます。調査失敗でよくあるのが、ターゲットを見失ってしまう、というものです。人通りの多い街中でターゲットを見失って調査失敗、といったケースが特に多く報告されているのです。

 

尾行調査に関しては、前もって奥さんが立ち寄りやすい場所を教えておくとスムーズに進みます。調査員が奥さんの次の行動を予測しやすくなるからです。

 

ちなみに尾行調査で浮気につながるような行動が見られなかった場合は、その日の調査は終了となります。仮に奥さんが男性と会っていたとしても、食事をしただけであれば不貞行為を立証できません。確実な証拠を得なければならないのです。

 

ALG探偵社は調査中の調査員と連絡がとれる

多くの探偵事務所は、浮気調査中の調査員と連絡をとる事ができません。しかし、ALG探偵社はリアルタイムで調査中の調査員と連絡を取ることができます。さらに、「解約手数料0円」なので解約トラブルに巻き込まれたくないという方にもおすすめです。

ALG探偵社

 

『ALG探偵社』公式サイトへ

 

調査の第三段階|証拠の確保

 

尾行調査を行っていくと、不貞行為が推定されるような行動を調査対象者が行うこともあります。そこで調査員が実施するのが証拠の確保です。

 

証拠の確保の方法としては、基本的に2つあります。

 

  • 画像
  • 映像

 

画像よりも映像のほうが加工しづらいので、証拠としての価値が高いとされています。もちろん画像であったとしても、顔がはっきりと分かるものであれば証拠として認められます。

 

浮気として認められる証拠例
  • ラブホテルを男性と一緒に出入りしている画像・映像
  • シティホテルの部屋に男性と一緒に出入りしている画像・映像
  • 自宅に男性と一緒に出入りしている画像・映像
  • 車の中で男性と性行為に及んでいる画像・映像など

 

証拠については不貞行為が行われていると推測できるもの、さらに不貞行為そのものが行われているものが必要になってきます。

 

奥さんが男性と「腕を組んで一緒に歩いている画像・映像」や「手を繋いでいる画像・映像」だけでは証拠となりません。調査員としても確実な浮気の証拠を得ようとします。

 

浮気の確実な証拠が得られた場合には、ここで調査終了となることもあります。単に浮気の証拠を突き止め、奥さんに浮気をやめさせる目的であれば、この時点で調査は終了です。

 

浮気相手の調査を実施するケースも

 

奥さんの浮気相手に慰謝料を請求する、ということを考えるのであれば調査は続行されます。今度は調査対象者が奥さんではなく、その浮気相手にうつるわけです。

 

不貞行為後の浮気相手を尾行して家を突き止めます。住所確認をするとともに表札などから氏名の確認を実施します。

 

浮気相手の住所と氏名を突き止めた上に、さらに職場などを調べてもらうことも可能です。浮気相手のことをどこまで調べるかは、契約する時に決めておきましょう。

浮気調査結果の報告

浮気調査

調査終了の連絡あり

 

電話やメールなどで、調査が終了したとの連絡があります。調査報告書を作成し依頼者に提出をするので、その日程を決めることになります。

 

調査報告書の提出に関しては基本的に説明を受けながらとなるので、探偵事務所で実施されることが多いです。

 

調査報告書の提出と説明

 

調査報告書を提出され、そちらを確認しながら説明を受けることになります。浮気の証拠となる画像や映像などもその場で確認し、その上で提供を受けることになります。

 

浮気の証拠によって、探偵事務所側の所見が述べられます。浮気しているか、それとも浮気していないかが示されるわけです。

 

前述した浮気が認められる証拠が確保されている場合には、浮気が行われていると断定してくるはずです。

 

 

今後の提案について

 

今後の対応についての話が探偵事務所側からあります。浮気の証拠などから、どのような対応が適切であるか示してくれるわけです。

 

確実な証拠がある場合には、奥さんに対して慰謝料請求や浮気相手への慰謝料請求、さらには離婚協議などに関するアドバイスがされることもあります。

 

調査の末、確実な浮気の証拠がつかめなかった場合には、再度の調査の提案がされることもありますが、もちろん断ることは可能です。

調査費用の残額を支払う

契約書の提出あり

 

こちらは2つめの契約書です。調査終了後に提出されるタイプのものです。

 

調査終了後に提出される契約書については、「調査請求書」と「調査報告書の受領確認書」がメインとなっています。

 

調査請求書については、調査にかかった費用の内訳が記されています。調査前には明確化されていなかった交通費の実費なども記載されているはずです。

 

調査報告書の受領確認書に関しては、調査報告書や画像・映像データを調査依頼者に渡したことを証明する書類となっています。記してある証拠を受け取ったかを確認した上でサインしましょう。

 

現金やクレジットカードで残りの調査費用を支払う

 

全額前払いで調査を実施していた場合には、調査終了後の支払いはありません(追加料金が発生しなかったケース)。

 

多くの探偵事務所では、調査前に着手金を請求し調査終了後に残額を請求します。ですから「調査費用総額−着手金」の額を支払うわけです。

 

証拠の管理にご注意

 

最後の支払いが終了した時点で探偵事務所との契約は終了します。しかし証拠に関しては、一部探偵事務所で一定期間保存してもらう、ということも可能です。

 

奥さんに浮気の証拠を突きつけたところ逆ギレして、証拠を破壊してしまう事例もあるのです。そのようなときのために探偵事務所側が一定期間保存するサービスもあるので、利用を検討しておきましょう。

まとめ

多くの探偵事務所がこういった流れで浮気調査を行っています。しかし、それぞれの探偵事務所に得意分野があったり、独自のプランがあったり、それを見始めるとどこにきめるべきか迷ってしまいます。

 

自分が納得できる形と出会うまで、様々な探偵事務所で見積もりをとるのも一つの手ですが、一括見積もりサイトを利用するという事もできます。中立的な立場で、あなたにぴったりのものを無料で選んでくれます。しかも、面倒な予算の交渉なども行ってくれるので安心です。

 

探偵事務所を探すをもう一度読む>>