スポンサードリンク

探偵と興信所はどちらがおすすめ?どっちが安い?

探偵VS興信所

 

妻の浮気調査は探偵事務所と興信所のどちらを利用して行ったら良いのかを明らかにします。

 

そもそも探偵事務所と興信所の違いがわからない、という方も多いのではありませんか。現代ではその違いはほとんどなくなったとされているのですが、深く考察してみます。

 

こちらでは探偵事務所と興信所の違いを明らかにし、その上でどちらに浮気調査を依頼したらいいのかをお教えします。調査能力が高く、費用が安いのはどちらなのでしょうか。

 

探偵事務所と興信所の違いとは

 

ルーツの違い

 

探偵の始まりは戦前まで盛のぼります。刑事を退官した岩井三郎という方が現在の探偵の基盤を作った、とされています。刑事の時に行っていた、尾行や張り込み、そして聞き込みや内偵と言った操作方法をそのまま活かして個人の依頼を受けて調査を実施し始めたのです。

 

興信所に関しても、始まりは戦前まで遡ります。日本銀行理事の外山修三が「商業興信所」を設立したのをその走りとしています。基本的に取引先の信用調査と言ったものを実施し、企業に対する調査を行っていました。

 

原一探偵事務所のホームページを参考にしました

 

業務内容の違いとは

 

現代では探偵事務所と興信所の業務内容に関してはほとんど違いが認められません。ほとんど一緒の業務を行っています。ただし得意分野としている部分が異なっています。

 

探偵事務所に関しては、人に知られることなく情報を収集する、という業務を得意としています。基本的には個人を相手にする仕事を行っており、尾行調査や張り込みなどで特定の人物の身辺を調査するのを得意としているわけです。

 

興信所に関しては、企業の経営状態などを調べるのを得意としています。公的な記録の照会や取引実態の確認、といったものを多く行っているのです。探偵事務所とは異なり、身元を明かした上での情報収集に特化しています。

 

ただし興信所に関しても最近では浮気調査など個人を相手にした調査を実施しています。探偵事務所と興信所の業務内容の線引きはしにくくなっているのが現状なのです。

浮気調査能力が高いのはどっち?〜探偵事務所と興信所〜

 

わずかながらに探偵事務所のほうが能力は高い

 

探偵事務所と興信所の浮気調査能力に関しては、実質的には大きな差はありません。しかし探偵事務所の依頼のほとんどは浮気調査となっている事実があるのです。

 

探偵事務所のほうが経験も豊富であり、尾行調査や張り込み調査にも特化しているので、調査が成功する確率は高いと判断できます。ノウハウの蓄積も探偵事務所のほうがあります。

 

興信所に関しては、主に信用調査に特化している業務を行っているのです。たとえば取引先の企業が経営的に大丈夫なのかを調査したり、雇用する相手の身辺調査などをしたりします。他にも結婚相手の身辺調査を実施することもあります。

 

浮気調査を引き受ける興信所も増えている

 

近年では興信所も浮気調査に力を入れていることは事実です。そもそも探偵事務所も興信所も同じような調査を行う業種です。共通点も多いので、人材の交流や技術の交流も活発に実施されています。

 

近年ではその調査能力にほとんど大きな違いはない、といっても良い状況になってきました。ただ、人材という面でもわずかながらに探偵事務所のほうが浮気調査に関しては優秀と判断して良いでしょう。

 

探偵事務所

浮気調査がメインの業務なので、浮気調査に特化したスキルを磨いているのです。調査対象者は浮気をする時にどういった行動をとるのか。尾行や張り込みがバレないようにするにはどうしたら良いのか、ということを教え込まれます。

 

興信所

調査対象者について詳しく調査するのには適していません。基本的に表向きの情報などを集めてくるのが仕事だからです。尾行や張り込みなどをせず、結婚等の信用調査、企業関連の雇用・取引先の信用調査をするのに長けています。
浮気調査に関しては、必ずと行ってよいほど尾行と張り込みが必要になります。尾行と張り込み調査を鍛え込まれているのは間違いなく探偵事務所の調査員です。

 

妻の浮気調査の成功率を少しでも高めたいと思うのであれば、探偵事務所の利用をおすすめします。

浮気調査費用が安いのはどっち?〜探偵事務所と興信所〜

探偵VS興信所

ほとんど違いなし

 

1日あたりの浮気調査の平均相場は10万円から15万円です。探偵事務所であったとしても興信所であったとしても、浮気調査費用に関しては大きな違いはありません。基本的に同じような見積もりが出されるです。

 

費用に大きな違いが出ない理由としては、調査員の数にあります。浮気調査で大きく費用に関わってくるのが人件費です。着手金は30,000円から50,000円程度発生し、その上に追加される人件費が追加されます

 

探偵事務所も興信所も浮気調査に送り込む調査員の数に違いがありません。2名から3名程度となっているのです。調査員にかかる人件費にも大きな違いはないので、どちらを利用しても、同じような費用になるわけです。

 

浮気調査の平均相場についてはこちら

 

悪徳業者は存在するのか?

 

探偵事務所と興信所のどちらにも悪徳業者は存在しています。

 

どちらのほうが多い、どちらのほうが少ない、ということはありません。どちらに関しても、高額の調査費用を請求してくるような業者が存在しているわけです。

 

悪意得業者を利用しないためには、各探偵事務所のホームページや興信所のホームページを確認してみましょう。

 

ホームページに掲載している料金は信用できる

ホームページに料金表が掲載されていたら、その業者は信頼できると考えて間違いありません。一方で調査料金を明確化していない業者に関しては気をつける必要があります。

 

料金表が掲載されていないということは、調査料金がいくらかかってしまうのかがわからないわけです。基準となる金額もわからないので、「調査が終わってみたら予算をはるかにオーバーしていた」といったケースもあるほどです。

 

悪徳業者を見抜く自信がない、という方は探偵事務所・興信所のマッチングサイト(一括見積もりサイト)を利用しましょう。タントくんや街角探偵相談所は、探偵業の届出をしているまっとうな業者しか紹介していません。

 

タントくんについては、年間実績500件以上で調査員数が15名以上でなければ登録できません。街角探偵相談所は、3年以上の経験のある調査員がいることが登録条件となっています。

 

探偵事務所と興信所の同じところとは〜浮気調査のケース〜

 

守秘義務を厳守

 

調査依頼者からの守秘義務に関してはしっかりと守ってくれます。この点については探偵事務所も興信所も大きな違いはありません。

 

誰に調査依頼を受けているのかを明らかにしないからこそ、安心して調査を依頼できるわけです。

 

調査結果についても調査依頼者以外に公表することはありません。依頼者の希望によっては探偵事務所に調査結果のデータを一時的に保管することもありますが、調査結果を報告後に基本的にすぐに調査結果を抹消してくれます。

 

無料相談を受け付けている

 

多くの探偵事務所と興信所では無料相談に対応しています。時間制となっているところもありますが、無料で相談に応じてくれ、どのような調査ができるのか、どのくらいの費用がかかるのか、ということを契約前に無料で教えてもらえるわけです。

 

無料相談を受けたからと言って、必ずしも契約に応じなければならないわけではありません。複数の業者から見積もりを出してもらったほうが良いので、即断即決せずにじっくりと考えてから決めるべきです。

 

証拠写真や映像の有無

 

探偵事務所であっても興信所であっても、浮気の証拠は取得してくれます。証拠写真や証拠映像といったものを確保して、調査依頼者に対して提出してくれるのです。ちなみに調査報告書に関しても、探偵事務所・興信所ともに出してくれます。

 

裁判に使えるような調査報告書であるかないかは、探偵事務所や興信所の違いというよりは、各業者の能力に大きく左右されます。契約する前に、必ず調査報告書のサンプルを確認してください。

 

 

まとめ

妻の浮気調査について、探偵事務所と興信所には大きな違いはありません。どちらがおすすめかを、はっきりとは言いにくいのです。

 

調査能力という部分では、わずかに探偵事務所のほうがノウハウという面で有利と判断できますが、他の面では明確な違いはありません。

 

調査料金についても大きな違いは見受けられません。浮気調査に関しては、無料相談も双方受け付けてくれます。調査報告書も提出してくれます。ですから大きな違いはない、と判断できるわけです。

 

興信所の中にも最近では浮気調査能力が高いところも出始めているので、今後さらに探偵事務所と興信所の差がなくなってくるのは間違いありません。