スポンサードリンク

女性の浮気率にびっくり!

浮気率

女性の浮気率がどれくらいなのか知っているでしょうか?「男性より圧倒的に低いんじゃないの?」とタカをくくっているそこのアナタはかなり危険です。近年、社会現象を秋起こした「昼顔」.。

 

ドラマで一大ブームになり、ついには映画も公開され大ヒットしたわけです。この昼顔がヒットした背景には、女性の浮気へのちょっとしたあこがれが隠れている、という話もあるほど。

 

こちらでは女性の浮気率を紹介します。そのパーセンテージを知ったら、あなたも奥さんの浮気を疑うようになるかもしれません。

 

疑うだけではいけません。夫がぞんざいな扱いをすることによって妻が浮気をしてしまうこともあるのです。この機会に奥さんとの関係を見つめ直してみませんか?

 

これが真実!女性の浮気率

 

女性の浮気率の平均

 

こちらでは相模ゴム工業株式会社が2013年1月に47都道府県 の20代から60代の男女実施したアンケート結果を記載します。調査人数は14,100名となっており、極めて精度の高い調査です。

 

女性の浮気率の平均
  • パートナー以外に特定の浮気相手が一人いる 14.8%
  • 特定ではないがパートナー以外ともセックスをしている 0.9%
  • パートナー以外にセックスをしている相手が複数いる 0.7%
  • パートナー以外にセックスをする相手はいない 83.7%

 

併せて16.4%の女性が現状で浮気をしている、と述べているのです。女性の浮気率は極めて高い、ということがここに実証された、と言っても良いかもしれません。

 

注目してほしいのが、現状で浮気をしている、ということです。いま浮気相手がいない場合には「相手はいない」と答えるわけです。ですから経験上浮気をしている女性はこの数字を遥かに上回る、と考えられます。

 

男性の浮気率の平均はどれくらい?

 

男性の浮気率の平均
  • パートナー以外に特定の浮気相手が一人いる 16.8%
  • 特定ではないがパートナー以外ともセックスをしている 6.2%
  • パートナー以外にセックスをしている相手が複数いる 3.9%
  • パートナー以外にセックスをする相手はいない 73.1%

 

男性の現状における浮気率に関しては26.9%であることがわかりました。女性よりは1割程度高い、という結果になったのです。男性に関しては、「まぁそのくらいかな」という印象でしょう。

 

要は、4人に1人はパートナーの女性がいたとしても男性は浮気をしている、ということになるわけです。

年齢別の女性の浮気率|20代から60代まで

こちらの章も相模ゴム工業株式会社が実施したアンケート結果を記載します。

 

年代によっても浮気率は微妙に異なっています。最も浮気率が高い年代はどの年代なのでしょうか?最も浮気率が低い年代はどの年代なのでしょうか?

 

20代の女性の浮気率について

 

20代女性の浮気率
  • パートナー以外に特定の浮気相手が一人いる 14.5%
  • 特定ではないがパートナー以外ともセックスをしている 1.6%
  • パートナー以外にセックスをしている相手が複数いる 0.9%
  • パートナー以外にセックスをする相手はいない 83.0%

 

浮気をしている女性の率は17.0%となります。女性の浮気率の平均と比べるとわずかながらに多い事がわかります。

 

ただし若い女性の性が乱れている、という話はよく聞くのですが、それほど浮気率が高いわけではありません。もちろん「複数の相手がいる」「特定ではないセックス相手がいる」という比率は若干高くなっています。だからといって目立つほどではありません。

 

30代の女性の浮気率について

 

30代女性の浮気率
  • パートナー以外に特定の浮気相手が一人いる 15.9%
  • 特定ではないがパートナー以外ともセックスをしている 0.7%
  • パートナー以外にセックスをしている相手が複数いる 1.0%
  • パートナー以外にセックスをする相手はいない 82.4%

 

30代になると若干、女性の浮気率が上昇します。30代というと結婚をしている方が増えてくる年代でもあります。要は不倫する世代に突入したことで浮気率が上昇している、ということも見えてきます。

 

浮気率は総合で17.6%です。20代に浮気経験がある方が引き続き浮気をしているケースもあるでしょう。30代になってかtラ浮気の味を覚えた方もいるのかもしれません。

 

40代の女性の浮気率について

 

40代女性の浮気率
  • パートナー以外に特定の浮気相手が一人いる 17.9%
  • 特定ではないがパートナー以外ともセックスをしている 0.4%
  • パートナー以外にセックスをしている相手が複数いる 0.7%
  • パートナー以外にセックスをする相手はいない 81.0%

 

実は40代の女性の浮気率が最も高いのです。浮気率は19%となります。約2割の女性が現状で浮気をしている、ということになるわけです。この率に恐怖を覚える旦那さんも多いのではありませんか。

 

40代ともなると結婚生活もかなり長くなります。夫婦関係に飽きが出てくる時期でもあります。さらに子供も大きくなり、手がかかりにくくなり自分の時間が増える、ということが浮気率の上昇を手伝っているのかもしれません。

 

50代の女性の浮気率について

 

50代女性の浮気率
  • パートナー以外に特定の浮気相手が一人いる 14.0%
  • 特定ではないがパートナー以外ともセックスをしている 0.6%
  • パートナー以外にセックスをしている相手が複数いる 0.6%
  • パートナー以外にセックスをする相手はいない 84.9%

 

50代になると女性の浮気率がガクッと落ちます。実はここが男性と大きく異なるのです。男性の場合は40代よりも50代の浮気率のほうが高くなります。浮気率は15.1%です。40代と比較すると3.9ポイントも減少しています。

 

50代になると女性は更年期を迎え、性欲が減ってくるのも浮気率の減少に大きな役割を果たしているのかもしれません。年代的に浮気相手を見つけるのが難しい、ということも減少に寄与している可能性もあります。

 

60代の女性の浮気率について

 

60代女性の浮気率
  • パートナー以外に特定の浮気相手が一人いる 12.0%
  • 特定ではないがパートナー以外ともセックスをしている 0.3%
  • パートナー以外にセックスをしている相手が複数いる 1.0%
  • パートナー以外にセックスをする相手はいない 86.7%

 

60代になるとさらに浮気率が減少してきます。浮気率は13.3%となります。ただし「浮気相手が複数いる」という人の割居は上昇しているのです。

 

このあたりは何を意味しているのかはわかりませんが、60代の奥さんを持っている男性も浮気には気をつけるべきなのかもしれません。

 

女性の浮気と年齢|まとめ

 

女性の浮気率は30代・40代と上昇していきます。そして50代から減少に入る、といった特徴を持っています。意外にも20代の浮気率はそれほど高いとは言えません。若い世代よりも、30代や 40代といった年齢の女性の方が浮気には積極的、ということがはっきりしたわけです。

 

夫として最も恐ろしいのが「複数の浮気相手がいる」、というケースです。割合としてはそれほど大きくはありませんが、最も率が高いのは30代となっています。

 

女性の浮気率は基本的にはきれいなピラミッド型をしています。40代を頂点として、少しずつ少なくなるのです。最も女性が浮気をしやすい年代は40代、と覚えておきましょう。

 

自身の奥さんが40代であり浮気を疑っているのであれば、探偵事務所に調査を依頼するのも一つの方法かもしれません。

 

妻の浮気調査で信頼できる探偵事務所を選ぶ際に知っておきたい5つのこと>>

衝撃のアンケート結果|奥さんの浮気相手は女性かもしれない!

 

女性の好きな相手が男性とは限らない

 

世の中にはLGBTの方もいます。異性だけではなく同性が好きであったり両性愛者の方もいるわけです。LGBTは男性に限ったものではなく、女性の中にもいるわけです。

 

そこで同性愛者の比率について注目すべきアンケート結果が出ています。実は男性に比べて女性の方が同性愛者は多い、ということが分かっているのです。こちらでも相模ゴム工業株式会社のアンケート結果を記載します。

 

 

女性の恋愛対象
男性のみ

89.8%

女性のみ

7.1%

男女両方

2.4%

その他

0.7%

 

男性の恋愛対象
女性のみ

93.6%

男性のみ

4.9%

男女両方

1.2%

その他

0.3%

 

小さな差だと思うかもしれませんが、女性の14人に1人程度の割合で恋愛対象を女性としている人がいるのです。しかも30代と40代の女性になると、その割合が8.5%になります。約12人に1人の割合です。

 

もしかしたらあなたの奥さんが男性ではなく女性を恋愛対象としているかもしれません。その場合の浮気は女性と行っている、ということになるわけです。

 

最近ではSNSなどの発達もあり、同性の恋人や浮気相手も見つかりやすくなった、ということもいわれています。「妻は女性と会っているから浮気の心配はなし」と思っていたら痛い目にあうかもしれませんよ。

 

同性との浮気は不貞行為になるのか?

 

不貞行為にはなりません。法律の不備と言わざるをえませんが、不貞行為とされるのは「異性との性交渉」に限定されているからです。男女間の性交渉がなければ不貞による離婚請求もできない、となってしまいます。

 

ただし奥さんが女性と浮気していても絶対に離婚できないというわけではありません。あくまで法律上で不貞行為に認定されないだけなのです。

 

離婚請求の条件には「婚姻を継続し難い重大な事由」というものがあります。パートナーの同性愛によって婚姻が継続し難いことが証明できれば離婚請求ができるとされているわけです。

 

同性との浮気についても、不貞行為として立証できるのであれば離婚請求ができる可能性が指摘され始めています。いずれは法律も変わって状況が大きく変化していくでしょう。

「バレないのであれば浮気したい」女性はどれくらいいるのか?

 

こちらでは「しらべぇ」が実施したアンケート結果を記載します。アンケート結果が記されているページはこちら

 

絶対にバレないなら浮気したい女性の割合
バレないなら浮気したい

23.5%

それでも浮気したくない

76.5%

 

4人に1人程度の割合で女性にも浮気願望が日常的にある、ということがわかりました。ただしこの率に関してはそれほど高いとはいえないかもしれません。「絶対にバレない」ということを仮定しても、「浮気したくない」という人が圧倒的多数に上ったのです。

 

では逆に男性の場合はどうなっているのでしょうか?女性と比較して全く異なる結果となっているのでしょうか?

 

絶対にバレないなら浮気したい男性の割合

バレないなら浮気したい

42.6%

それでも浮気したくない

57.4%

 

男性の場合は女性と比較して約2倍にもなりました。半数には至らないものの4割を超える男性に潜在的な浮気願望がある、ということがここにハッキリとしたわけです。

 

男性はバレないのであれば浮気したいと思っている、女性はバレないとわかっていてもそれほど浮気はしたくないことがアンケート結果から見えてきました。

 

既婚男性とセックスした経験のある女性はどれくらいいるのか?

 

こちらでは「女子SPA!」が実施したアンケート結果を記載します。20代から30代の女性100人からとったアンケート結果となっています。

 

したことがある

21%

したいと思ったことがある

6%

したくなる可能性は有ると思う

11%

あり得ない

62%

 

自身が結婚しているかどうかは問わないでアンケートしているのですが、こちらのアンケート結果から見えてくるのは、不倫に対して女性がどういったイメージを持っているのか、ということです。

 

アンケートによると5人に1人の割合で実際に既婚男性との不倫をしている、ということになります。要は5人に1人の女性は不倫対して大きな抵抗はない、ということが見え隠れしています。

 

既婚男性とセックスをしている、したいと思ったことがある、したくなる可能性はあるの3つを合わせると38%にもなります。約4割の女性は不倫について、ある意味では前向きに考えているわけです

 

近年女性の不倫が増えている、ということがささやかれているわけですが、アンケート結果からも裏付けができました。

 

よくある妻の浮気の兆候8選〜こんな変化を感じたら要注意!〜>>