スポンサードリンク

司法書士の場合|妻の浮気・不倫での慰謝料請求や離婚について

司法書士

 

妻が浮気したとなると、頭が真っ白になってしまうでしょう。今後のためにも、しっかりと前を向いて対応していなかければなりません。しかし離婚や慰謝料に関しては多くの方が素人です。

 

離婚や慰謝料の専門家の一つとされているのが司法書士です。日常ではあまり関わることがない、司法書士について詳しく解説します。

 

こちらの記事を読むとこの3つの事が理解できます
  • 司法書士に離婚の手続きや慰謝料請求の手続きをお願いすると、どの程度の費用が発生するのか?
  • 司法書士は離婚や慰謝料の手続きについてどこまで関わってくれるのか?
  • 司法書士に出来ること、できないこと。

 

司法書士依頼時にかかる費用とは?

 

高くても15万円から20万円程度

 

そもそもどういった目的で司法書士に依頼するのか、という部分でも大きく異なってきます。単なる離婚であれば、10万円程度で請け負ってくれることもあるでしょう。

 

離婚だけではなく、慰謝料請求などにも関わるとなると15万円から20万円程度の費用が発生してしまうことがあります。弁護士費用と比較すると格安ですが、行政書士と比べると少し高めです。

 

慰謝料請求をする時にかかる費用相場について

 

どの程度の慰謝料を請求するかによっても変わってきますが、100万円を請求するとなると15万円から20万円が一つの相場になります。

 

請求額に比例して依頼時の費用相場も高くなる傾向にあるので注意してください。結果的に慰謝料を高額に設定しすぎて、結局は慰謝料を支払ってもらえなかった、ということになると大損になってしまうわけです。

 

前もって司法書士と適切な慰謝料の請求額について話し合っておきましょう。

 

離婚をする時にかかる費用相場について

 

離婚手続きをセットでお願いする場合には、10万円程度が目安となります。

 

離婚手続きのセットとは
  1. 離婚手続きのアドバイス
  2. 不動産調査
  3. 住宅ローンについてのアドバイス
  4. 離婚合意書の作成
  5. 不動産所有権移転登記(不動産の名義変更)

※参考「あすみあ総合司法書士法人(旧名称:あすみあ司法書士事務所)」より

 

不動産に関する手続きが多くなっているので、賃貸などに住んでいる方はフルセットでお願いする必要はありません。ちなみに離婚手続きをフルセットで対応してくれている司法書士事務所もあります。

 

離婚手続きのフルセットとは
  1. 離婚手続きのアドバイス
  2. 公正証書作成のアドバイス
  3. 不動産調査
  4. 住宅ローンについてのアドバイス
  5. 公証人との打ち合わせ
  6. 公証人役場への同行
  7. 不動産所有権移転登記(不動産の名義変更)

※参考「あすみあ総合司法書士法人(旧名称:あすみあ司法書士事務所)」より

 

フルセットで依頼する場合には、15万円から20万円程度になります。弁護士に手続きを依頼するよりは安めですが、少し高めになるので注意しましょう。

司法書士の出来ること・出来ないこと

弁護士 司法書士 行政書士
慰謝料関連書類作成
慰謝料対象者と交渉 制限あり ×
離婚に関する裁判 制限あり ×
強制執行 × ×

 

出来ること

 

主に書類の作成ができます。また場合によっては和解交渉の代理人として相手方と交渉が行なえます。

 

司法書士の業務例
  • 不動産や会社の登記
  • 相続や債務整理、離婚などに係る書類の作成
  • 140万円を超えない範囲の裁判や和解交渉

 

基本的に取り扱っているのは書類の作成です。離婚に係る書類の作成や慰謝料に係る書類の作成であれば司法書士への依頼でも問題ありません。

 

行政書士と比較すると、一定の条件の範囲内であれば和解交渉が出来る、という部分に大きな違いがあります。司法書士であれば140万円以下の訴訟であれば対応できるわけです。

 

ちなみに妻の浮気における慰謝料ですが、夫婦関係が継続する場合は50万円から100万円程度。離婚する場合には200万円から300万円程度が相場ともいわれています。

 

仮に妻に浮気をされ離婚をする場合には、基本的には司法書士では対応できない、という可能性が出てくるので注意しましょう。

 

出来ないこと

 

司法書士の業務範囲外の一例
  • 140万円を超える訴訟と和解交渉
  • 強制執行

 

前述したように訴額が140万円を超える慰謝料請求に関しては、認定司法書士であったとしても対応はできません。

 

認定司法書士・・・簡裁訴訟代理関係業務ができる司法書士のこと。司法書士試験以外にも別途の認定資格に合格した者のみがなれるもの。

 

強制執行も不可能です。仮に浮気相手や奥さんが慰謝料を支払うことが決定した場合でも、司法書士には強制力がないので慰謝料を強引に徴収することは出来ないのです。

 

ちなみに弁護士であれば強制執行が出来るので、慰謝料請求対象者の貯金や給与から強制的に慰謝料を徴収することが可能です。

 

弁護士に慰謝料請求をするなら詳しい記事はこちら>>

司法書士がいる探偵事務所は?

はやぶさ探偵社

 

行政書士・司法書士・弁護士のサポートが選べる探偵社

はやぶさ

 

大規模な探偵社ばかりのランキングの中で、小さなはやぶさ探偵社は異質に見えます。しかし、小さな探偵事務所には、小さな探偵事務所なりの良さがあり、細やかなサポートが魅力で、相談カウンセラーにも定評がある事で有名です。

 

調査員は警察のOBや探偵学校出身の方が多いので、調査力も問題ないうえに、料金は低価格ということで口コミでの評判も上々です。法律の専門家とタッグを組み、離婚に向けて戦いたいという方に特におすすめです。

 

『はやぶさ探偵社』の公式サイトへ